こんな漁師は嫌だ!

官房機密費、4月から検証=公表範囲を仕分けへ−平野官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は5日午前の閣議後の記者会見で、官房機密費(内閣官房報償費)の透明化に向け、必要性や公表範囲などについて4月から検証を開始する方針を明らかにした。
 平野氏は「本当に報償費が必要なのか、必要であるならどういう意味なのか、公表できる概念に入るなら報償費として取り扱う必要がないのではないか、ということを含めて検証する」と述べた。同氏は具体的な検証方法については明らかにしなかったが、使途によって機密費として残すものと、機密費とは別の費目に移して公表するものとを仕分ける意向を示したとみられる。 

鳩山首相、北教組の不正資金提供は「特殊なケース」(産経新聞)
坂出3人殺害、遺族が介護資格…「人の助けに」(読売新聞)
韓国大統領、4月来日で調整(時事通信)
阿久根市長の議会欠席続く、予算案質疑入れず(読売新聞)
火災 静岡・三島の老人ホーム、焼け跡から1遺体(毎日新聞)
[PR]
by e1lf41bxia | 2010-03-10 16:25
<< 「近視治る」と100円ショップ... <JR高円寺駅>男性が転落、は... >>