こんな漁師は嫌だ!

起し太鼓 1000人の裸男が激しく攻防…岐阜・飛騨(毎日新聞)

 裸男(はだかおとこ)が激しくぶつかり合う勇壮な「起(おこ)し太鼓」が19日夜、岐阜県飛騨市古川町で繰り広げられた。沿道や家々の2階には約3万人の見物客が陣取り、春浅い山間の町並みは荒々しい太鼓の響きに包まれた。

 この日開幕した気多若宮神社例祭「古川祭」の呼び物の一つ。午後9時過ぎ、町中心部の広場に約1000人の裸男が集結。大太鼓を乗せた高さ約3メートルの櫓(やぐら)を担ぎ、2人の男が大太鼓にまたがって太鼓を打ち鳴らした。櫓が古い町並みへ繰り出すと、町内各所で「付け太鼓」と呼ばれる小太鼓を持った裸男の集団が櫓に向かって突進し、櫓を守る裸男との間で激しい攻防を繰り広げた。

 江戸時代、祭りの準備の合図として太鼓を打ち鳴らし、町内を回ったのが始まりとされる。20日は豪華な祭り屋台9台の曳(ひ)き揃(そろ)えが行われる。【宮田正和】

<障害者自立支援法>「違憲」訴訟 名古屋地裁でも和解(毎日新聞)
JR脱線事故 救急隊長が医師らを前に講演(産経新聞)
桜を見る会 足元に残雪…鳩山首相主催、新宿御苑(毎日新聞)
仙谷戦略相、消費税増税の凍結解除求める(読売新聞)
<山崎直子さん>宇宙で刻む家族の歴史(毎日新聞)
[PR]
by e1lf41bxia | 2010-04-23 07:58
<< フタコブラクダ、すくすく 天王... 盛岡のごみ施設JFE談合、双方... >>