こんな漁師は嫌だ!

フタコブラクダ、すくすく 天王寺動物園(産経新聞)

 【アニマル写真館】大阪市天王寺区の天王寺動物園で、フタコブラクダの赤ちゃんがすくすくと育っている。3月8日に誕生したメスの「ラフ」で、母親のコニー(14歳)に寄り添って甘える姿がほほ笑ましい。

 「laugh(笑う)」と「rough(荒い)」の2つの英単語をかけ、「やんちゃで明るく育ってほしい」との思いを込めて飼育員が名付けた。生まれた直後、立ち上がるまでに時間がかかったものの、現在は母親にじゃれたり、近くで飛び跳ねたりと、その名の通り元気いっぱいの毎日を過ごしている。

 背中のコブはまだ小さいが、今後成長するにつれて盛り上がってくるという。ただ、出産とともに2頭と隔離されてしまった父親の「ジャック」(17歳)は、さく越しに母子を見守りつつもちょっぴり寂しそうだ。

【関連記事】
【アニマル大集合】大空を自由に飛ぶ魚!?
【アニマル大集合】“黒い影”の正体は…
【アニマル大集合】暑くて夏バテしそう!
【アニマル大集合】パンダにヒヒ、ウミガメまで赤ちゃん集合〜!
【アニマル大集合】ひなたぼっこで「はぁ〜」っと一息
「裸の王様」次に座るのは…

ユニークな形が評判! 伝統の技術が生きる「変わり京座布団」(産経新聞)
座いす、阪和道に投げ込み 車接触けが人なし(産経新聞)
【鳩山ぶら下がり】高速新料金「前原案をベースに議論を」(19日夕)(産経新聞)
ドクさん 来日 結合双生児の兄の死、妻出産…人生を語る(毎日新聞)
<京急線>生麦駅でぼや、5万人に影響 線路歩く乗客も (毎日新聞)
[PR]
by e1lf41bxia | 2010-04-27 22:28
<< 福岡の女性切断遺体 バラバラに... 起し太鼓 1000人の裸男が激... >>