こんな漁師は嫌だ!

過半数割れなら「みんな」などと連携、と渡部氏(読売新聞)

 民主党の渡部恒三・元衆院副議長は15日のテレビ東京の番組で、夏の参院選について、「仮に過半数にならなくても、みんなの党や公明党と連携し、政権を預かる責任がある」と述べ、与党が参院での過半数を確保できなくなった場合は、みんなの党などと連携すべきだという考えを明らかにした。

 渡部氏は、鳩山首相と小沢幹事長が辞任しないまま参院選を迎える可能性が高いという見通しを示したうえで、「小沢君に辞めてくれと言う権限は鳩山君にしかない。80%の国民が(辞任を)願っており、まだささやかな期待をしている」と語り、首相が小沢氏を更迭することに期待を示した。

<津波ハザードマップ>沿岸自治体の半数、未策定(毎日新聞)
不同意堕胎容疑の医師、子宮収縮剤を不正入手か(読売新聞)
自民・青木前参院議員会長、参院選不出馬へ(産経新聞)
要介護者や家族が長妻厚労相や山井政務官と意見交換(医療介護CBニュース)
「責任能力問題なし」の鑑定結果を証拠採用 セレブ妻バラバラ控訴審結審、判決は6月22日(産経新聞)
[PR]
by e1lf41bxia | 2010-05-21 21:54
<< 拡大防止に理解を=口蹄疫ワクチ... 福岡の女性切断遺体 バラバラに... >>