こんな漁師は嫌だ!

<   2010年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

フタコブラクダ、すくすく 天王寺動物園(産経新聞)

 【アニマル写真館】大阪市天王寺区の天王寺動物園で、フタコブラクダの赤ちゃんがすくすくと育っている。3月8日に誕生したメスの「ラフ」で、母親のコニー(14歳)に寄り添って甘える姿がほほ笑ましい。

 「laugh(笑う)」と「rough(荒い)」の2つの英単語をかけ、「やんちゃで明るく育ってほしい」との思いを込めて飼育員が名付けた。生まれた直後、立ち上がるまでに時間がかかったものの、現在は母親にじゃれたり、近くで飛び跳ねたりと、その名の通り元気いっぱいの毎日を過ごしている。

 背中のコブはまだ小さいが、今後成長するにつれて盛り上がってくるという。ただ、出産とともに2頭と隔離されてしまった父親の「ジャック」(17歳)は、さく越しに母子を見守りつつもちょっぴり寂しそうだ。

【関連記事】
【アニマル大集合】大空を自由に飛ぶ魚!?
【アニマル大集合】“黒い影”の正体は…
【アニマル大集合】暑くて夏バテしそう!
【アニマル大集合】パンダにヒヒ、ウミガメまで赤ちゃん集合〜!
【アニマル大集合】ひなたぼっこで「はぁ〜」っと一息
「裸の王様」次に座るのは…

ユニークな形が評判! 伝統の技術が生きる「変わり京座布団」(産経新聞)
座いす、阪和道に投げ込み 車接触けが人なし(産経新聞)
【鳩山ぶら下がり】高速新料金「前原案をベースに議論を」(19日夕)(産経新聞)
ドクさん 来日 結合双生児の兄の死、妻出産…人生を語る(毎日新聞)
<京急線>生麦駅でぼや、5万人に影響 線路歩く乗客も (毎日新聞)
[PR]
by e1lf41bxia | 2010-04-27 22:28

起し太鼓 1000人の裸男が激しく攻防…岐阜・飛騨(毎日新聞)

 裸男(はだかおとこ)が激しくぶつかり合う勇壮な「起(おこ)し太鼓」が19日夜、岐阜県飛騨市古川町で繰り広げられた。沿道や家々の2階には約3万人の見物客が陣取り、春浅い山間の町並みは荒々しい太鼓の響きに包まれた。

 この日開幕した気多若宮神社例祭「古川祭」の呼び物の一つ。午後9時過ぎ、町中心部の広場に約1000人の裸男が集結。大太鼓を乗せた高さ約3メートルの櫓(やぐら)を担ぎ、2人の男が大太鼓にまたがって太鼓を打ち鳴らした。櫓が古い町並みへ繰り出すと、町内各所で「付け太鼓」と呼ばれる小太鼓を持った裸男の集団が櫓に向かって突進し、櫓を守る裸男との間で激しい攻防を繰り広げた。

 江戸時代、祭りの準備の合図として太鼓を打ち鳴らし、町内を回ったのが始まりとされる。20日は豪華な祭り屋台9台の曳(ひ)き揃(そろ)えが行われる。【宮田正和】

<障害者自立支援法>「違憲」訴訟 名古屋地裁でも和解(毎日新聞)
JR脱線事故 救急隊長が医師らを前に講演(産経新聞)
桜を見る会 足元に残雪…鳩山首相主催、新宿御苑(毎日新聞)
仙谷戦略相、消費税増税の凍結解除求める(読売新聞)
<山崎直子さん>宇宙で刻む家族の歴史(毎日新聞)
[PR]
by e1lf41bxia | 2010-04-23 07:58

盛岡のごみ施設JFE談合、双方の控訴棄却(読売新聞)

 盛岡市発注のごみ焼却施設の建設工事を巡り、談合で落札価格が不当に高くなったとして、市が受注先のJFEエンジニアリング(旧日本鋼管)に対し、約28億円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が14日、仙台高裁であった。

 石原直樹裁判長は「談合を認めた原判決は相当である」として同社に約15億円の支払いを命じた1審・盛岡地裁の判決を支持し、双方の控訴を棄却した。

火災 2階建てアパート焼け1人死亡1人重体 東京・足立(毎日新聞)
普天間問題 徳之島で1万5千人が移設反対集会(産経新聞)
不明少年が守った兄のランドセル…発見現場周辺を捜索 佐用豪雨(産経新聞)
現場吸い殻のDNA鑑定で逮捕=男2人、恐喝容疑−福岡県警(時事通信)
首相動静(4月16日)(時事通信)
[PR]
by e1lf41bxia | 2010-04-20 16:18

<寝屋川虐待死>のどに肉まん 虐待隠ぺいのため詰める?(毎日新聞)

 大阪府寝屋川市で岸本瑠奈(るな)ちゃん(当時1歳)が虐待で死亡したとされる事件で、1月に救急搬送された瑠奈ちゃんののどに、かんだ跡のほとんどない肉まんが詰まっていたことが捜査関係者への取材でわかった。瑠奈ちゃんはあごの骨を折っており食事ができる状況になかったことから、府警寝屋川署捜査本部は、傷害致死容疑で逮捕した両親が虐待を隠ぺいするため、故意に肉まんをのどに詰めたとみている。

 捜査関係者によると、父親の岸本憲(あきら)容疑者(26)は1月27日朝「1歳の娘が起きない」と119番。憲容疑者らが「前日夜(瑠奈ちゃんが)勝手に食べた肉まんが詰まったのかもしれない」と説明したため、救急隊員が瑠奈ちゃんののどを吸引したところ、肉まんが取り出された。肉まんには、かんだような跡が確認できなかった。

 しかし実際は、強く揺さぶられたことで意識不明になっており、3月7日に脳腫脹(しゅちょう)のため死亡したとされる。また、瑠奈ちゃんは意識不明になった時点であごを骨折しており、痛みで食事どころではなかったとみられる。

 さらに、憲容疑者は逮捕直後の調べで、瑠奈ちゃんの意識不明の原因を「ベッドから落ちたからかもしれない」とも説明したという。

 こうした点などから、捜査本部は、虐待で瑠奈ちゃんが意識不明になった後、憲容疑者らがとっさに食べ物を原因にすることを思いつき、肉まんをのどに詰めたとみて追及する。

【関連ニュース】
密輸容疑:中華まんの具は“覚せい剤”台湾籍の20歳逮捕

支持率低迷で首相「政治とカネで改革見えない」(産経新聞)
「ナイトスクープ」岡部まりさん、民主擁立へ(読売新聞)
「なぜ差し戻し」「無罪に光」=弁護団、最高裁決定に表情複雑−名張毒ぶどう酒事件(時事通信)
進次郎氏も三原じゅん子を歓迎「しごきはボディーに」(スポーツ報知)
<岡部まり氏>民主から出馬へ 参院選・大阪(毎日新聞)
[PR]
by e1lf41bxia | 2010-04-14 14:51

インフラ輸出に意欲=3日の日中財務対話で−菅財務相(時事通信)

 菅直人副総理兼財務相は2日の閣議後会見で、3日に北京で開催される日中財務対話への出席に関し、「中国はアジアで最も成長を続けている大きな国だ。日中が成長分野でウィンウィンの関係を具体的につくる道筋を提起したい」と述べ、日本が高い技術力を持つインフラの輸出に向けたトップセールスに意欲を示した。訪中する菅財務相は温家宝首相や李克強副首相、謝旭人財政相とも個別に会談する予定。
 会見で菅財務相はインフラ輸出の有望なプロジェクトについて、天津市の環境配慮型都市開発計画や海南島の観光振興計画、高速鉄道整備、原子力発電所建設などを挙げた。 

【関連ニュース】
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

大阪市議側は慎重姿勢…橋下知事「政治家失格だ」(産経新聞)
中3女子生徒を大麻所持容疑で逮捕 神戸市(産経新聞)
<笠間市長選>山口氏が無投票再選 茨城(毎日新聞)
外国人参政権付与 知事会で反対続出(産経新聞)
花見 好天も後押し東山動植物園に3万5500人 名古屋(毎日新聞)
[PR]
by e1lf41bxia | 2010-04-09 03:15

読めますか?悩ましい古墳の名前(産経新聞)

 石舞台古墳、その名前からして変わっている。といっても、古墳の名前はほんと、難解なものが多いから特別ヘンというわけでもないのだけれど。

 「月夜にキツネやタヌキが踊るから」石舞台…という話も聞いたことがあったが、今回取材した和田萃(あつむ)京都教育大名誉教授に納得できる答えを聞いた。石舞台古墳はすでに江戸時代の名所図絵にも、むきだしになった巨大な岩が描かれている。当時の文献に「石太屋(いしぶとや)」と出てくるそうだ。受け売りでいうと「巨大な岩屋」という意味で、「イシブトヤ」が次第に「イシブタイ(石舞台)」に変わっていった…というわけ。なるほど。上が平らで下が埋まっていたなら、確かに「舞台」みたいにみえる。

 【麗し大和・記者の裏話】(14)

 さて、そのほかの名前はどうか。変わっているけどカンタンなのが「キトラ古墳」。つい発見された四神の壁画のトラ(白虎)を連想してしまうのだけれど、「北浦」のなまったものともいわれている。「マルコ山古墳」とか「カラト古墳」なんてのも、読みやすい。

 逆に何度見ても覚えられない悩ましい名前が、真弓鑵子塚古墳や牽牛子塚古墳、鬼の俎・鬼の雪隠など。読み方は、「マユミカンスヅカコフン」「ケンゴシヅカコフン」「オニノマナイタ・オニノセッチン」となる。ああ、場所と名前が一致して、漢字も書けるようになるころには、連載も終わっているだろうなあ…。

【関連記事】
桜の石舞台古墳 馬子が夢見た桃源郷?
聖徳太子の弟の墓? 塚穴古墳に人工築山、風水意識か
蘇我入鹿邸の「城柵」か 甘樫丘東麓遺跡から新たな石垣
持統天皇の吉野行幸列を再現 「飛鳥美人」模した古代衣装
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

ギタアリヤちゃん一時帰国(産経新聞)
無資格で会社分割を提案 弁護士法違反の疑いで、コンサル会社など家宅捜索(産経新聞)
首相、中井氏の問題、「二度とこのようなことがないよう」(産経新聞)
ラーメン具の定番「なると」、ブームに乗れず…(読売新聞)
眞子さまがICU入学式ご出席(産経新聞)
[PR]
by e1lf41bxia | 2010-04-06 02:04

高橋が金メダル 母校・関大も熱狂、感涙(産経新聞)

 「やったー、世界一」、「念願の金メダルだ」−。高橋大輔選手が在籍する関西大学(大阪府吹田市)では、26日早朝から学生ら約100人が集まり、大型テレビの前で応援。日本男子初となる快挙に喜びの声が相次ぎ、会場は興奮と熱気に包まれた。

 2月のバンクーバー五輪では銅メダルだった高橋選手。この日は3回転ジャンプなどを次々と成功させ、会場のムードは最高潮に。金メダルの期待が高まる中、点数が発表されると、クラッカーを鳴らして世界一に輝いた高橋選手を祝福した。

 高橋選手が所属するアイススケート部の副主将で、同じコーチに学ぶ沢田亜紀さん(21)=3年=は「けがなど辛いことがあったのに、世界一になってすごい。記念の一日になりました」と笑顔。

 同じコーチの指導を受け、4月から関大に入学する長谷愛海さん(18)も「あまりにもすばらしい演技で、涙がこぼれそう。いい刺激になりました」と喜んだ。

【関連記事】
高橋大輔、今季最高の得点 金メダリストら上回る
金メダルの高橋「気持ちよく滑ることができた」
高橋大輔が日本男子初の金メダル 世界フィギュア
高橋、長光コーチに2日遅れの誕生日プレゼント
群を抜く表現力で高橋圧勝 胸に光る金メダル
あれから、15年 地下鉄サリン事件

天皇、皇后両陛下 京都の重要文化財、碧雲荘を視察(毎日新聞)
<ブルートレイン>6年ぶり、肥薩おれんじ鉄道の区間に 「はやぶさ」走る(毎日新聞)
<人事>文部科学省(毎日新聞)
徳之島で基地移設反対大会=4200人が参加−鹿児島(時事通信)
<日本絵本賞>大賞の嶋田さんら表彰(毎日新聞)
[PR]
by e1lf41bxia | 2010-04-01 06:44